FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
各ブックマークに登録⇒ スポンサー広告

カードを使って個人情報が洩れるリスクは?

1)アマゾンもアダルトもリスクは同じ

最近カードの個人情報の漏洩問題などのニュースがあり
その方面も心配になりますが、これも原因の本質が違うのです。

実はアダルトサイトに入会するのもヤフーやアマゾンで買い物するのも
カード利用者が負うリスクは全く同じなのです。

それはアダルトサイトに入会するといっても
我々ユーザーは直接アダルトサイトと契約するのではなく

クレジットカード決済会社」を経由して契約する仕組みになっているからです。

     「ユーザー」 ⇔ 「決済会社」 ⇔ 「アダルトサイト」

このような図式になります。

この点はヤフーやアマゾンで買い物をするのと同じ図式になっています。

     「ユーザー」 ⇔ 「決済会社」 ⇔ 「アマゾン」

2)信頼できる決済会社を

「クレジットカード決済会社」とはVISAやJCBからの委託で業務を代行している会社のことです。
クレジットカードの情報は決済会社が保有し、アダルトサイトへは一切伝わりません。

すなわちクレジットカードの個人情報が漏洩したりする原因は
決済会社の体制にあり、情報の保管管理方法や通信途中の
セキュリティシステムによって左右されます。

ですから、ネットでクレジットカードを使用する場合はアダルトサイトに限らず
安全性の高い決済会社を選択することが大切になります。

海外アダルトサイトの多くが長期の運営実績を持ち
安全性を認められている大手の決済会社と提携しています。

その代表格としては「DTI Services」 「 CC Bill」などがあります。

ちなみにこの「DTI Services」や「CCBill」等の有名決済代行会社と契約する際は
高度な暗号化技術を使っており、通信時の情報漏えいを完全に防いでいます。

もし、アナタが初めて海外アダルトサイトへ入会されるのであれば
日本語を完全サポートしている「DTI Services」と 提携しているサイトを選ぶことを強く推奨します。

サイトも完全に日本語ですし
メールや電話でも日本語で対応してくれるので、初めての方でも安心です。

「DTI Servicesについてもっと詳しく知る」

「DTI Servicesと提携している海外アダルトサイト」

3)保護されるユーザー

いくら高度なシステムやセキュリティがあっても、所詮人間が創ったものですから
100%安全とはいえないのは事実です。

しかし最悪クレジットカードの情報が洩れて悪用された場合ですが
クレジット会社に不正使用を報告すれば最終的には支払いの義務は生じません。

不正使用についてはカード会社自身も厳しく目を光らせていますし
我々ユーザーは被害者として保護されますので安心してください。

アダルトサイトでクレジットカードを使用するリスクは
通常の買い物で使用するのと、何ら変わりはないという理解でいいと思います。

ところでネット掲示板などを見てみるとアダルトサイトに
架空請求された、などの書き込みが時々ありますが、見られたことありますか?

しかしこれらは殆どがユーザー側の勘違いだったのです。⇒退会処理について
各ブックマークに登録⇒ アダルトサイトへの疑問









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。